廃材で建てた工房で、自家製酵母と畑で採れた野菜を使ってパンを作っている小さなお店。


by ohisannohatake

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お知らせ
パンのこと
畑のこと
その他のこと

最新の記事

麦作り感謝祭!
at 2013-05-11 18:27
子ども会のおやつ
at 2013-04-27 13:40
麦作り感謝祭!
at 2013-04-22 19:12
1年間ありがとうございました!
at 2012-12-28 15:53
フリマ出店☆
at 2012-12-19 15:08

以前の記事

2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

営業再開のお知らせ

7月16日の営業以来、つわりなどのため休業していましたが、体が落ち着いてきたので、9月3日(月)から営業を再開いたします!
長い間お休みをいただきまして申し訳ありません。


今年も畑のバジルが元気よく育ったので、昨年好評を頂いていました『バジルチーズ』が復活します!
また、その他新メニューもありますので、お楽しみに☆

なお、サンドイッチ(燻製サンド&卵サンド)は、しばらくお休みします。
また、営業時間を17時までとしますのでご了承ください。


来年2月に控えた出産までの短い間ですが、どうぞよろしくお願いいたします。


     営業日:月・水・金曜日 11:00~17:00(売切れ次第閉店)
[PR]
by ohisannohatake | 2012-08-20 13:30 | お知らせ

米のとぎ汁乳酸菌で豆乳ヨーグルト

妊娠してつわりがあってから、なぜか急にヨーグルトが食べたくなってきた。
でも、牛乳に放射能が蓄積し易いと知ってからは牛乳が飲めなくなった。
市販のヨーグルトもなんだか怖い。

そこで、あの震災以来、話題に上っている米ぬか乳酸菌で作る豆乳ヨーグルトを試してみることに。

新鮮な米のとぎ汁が発酵に適しているそうなので、精米したての3分づき米のとぎ汁一回目をペットボトルに入れてしばらく放置。
塩を入れ忘れたことに気が付いたが、多少乳酸発酵していたので、黒糖を少々投入してさらに放置。
すると、2日くらいでペットボトルが膨らんで、蓋を開けてみるとプシュっといい音が。
匂いは、甘酸っぱくていい香り♪

これならいけそう!と、すぐに豆乳:米のとぎ汁乳酸菌=9:1 で混ぜ混ぜして一晩放置。
完成!!

e0257051_1451459.jpg



こんな簡単にヨーグルトが作れて、しかも乳酸菌パワーで放射能除去できるなんてすごい!!
味は、ほんのりと米っぽい香りがするけど、酸味は市販のヨーグルトほど強くなくて食べやすく、さらっとしてる感じ。
スモモジャムを入れたら、米っぽい香りは気にならないし、とっても美味しい!
しかも、妊娠して便秘気味だったけれど、豆乳ヨーグルトを毎朝食べるようになってからは快腸に!

ただ、洸平はちょっと苦手なよう・・・
米っぽい香りが嫌なのかなぁ。



話は変わるが、放射能のことを知ってから、食べ物による除去や体の免疫力を落とさない食事とかに興味を持つようになった。
でも調べてみると、実はその食べ物は、日本人が昔から慣れ親しんだものばかりだった。

玄米、味噌、塩、漬物、梅干し、海藻、ゴマ、野菜。

豆乳ヨーグルトじゃなくても、昔の人たちは、野菜を乳酸発酵させた漬物を日常食していた。
それらが実は、病気にならないように、少々悪いものが入ってきても排出できるような体を作ってきた。

今問題なのは、放射能だけではない。
農薬や化学肥料、食品添加物、遺伝子組み換え食品、新たなウイルス・・・
体にとって不自然なもので溢れ返っている。

それらから体を守り、少々入ってきても抵抗できるような体を作るために必要なのは、高価な薬でも和洋折衷の豪華な食事でもない。
生きた玄米や味噌、漬物、野菜。
少量でも、少品目でも、それらをよく噛んで味わって食べることが必要なんだと思う。


日本人が昔から受け継いできた伝統食を、少しずつでもいいから、毎日の食事に取り入れていきたい、と改めて思う。


話はそれたが、豆乳ヨーグルトは伝統食ではなくても、日本の発酵文化に適した食べ物なのかもしれないなぁ。
美味しく楽しく、体が喜ぶものを有り難くいただきたい。
[PR]
by ohisannohatake | 2012-08-10 15:13 | その他のこと

かぼちゃのポタージュ

子どもの頃、母が作ってくれたかぼちゃのポタージュが大好きで、主食かと思うくらいおかわりしたのを覚えている。

久しぶりに作ってみた。
私の場合は母のそれとは違い、かぼちゃは屋久島産、コンソメなし、豆乳で溶いたポタージュ。

e0257051_14221067.jpg



あぁ、やっぱり好きだなぁ~としみじみ。
バゲットに浸して食べて大満足。
[PR]
by ohisannohatake | 2012-08-10 14:23 | その他のこと

自家製小麦入りバゲット

パン屋を休業している今、いろいろと考えを巡らせる。

美味しいパンとは何か。



美味しいごはんがあれば、漬物とみそ汁だけで満足できるように、美味しいパンがあれば、オリーブオイルと塩だけで満足できるような、そんなパンを作りたい。
できる限りシンプルな材料で、生地に旨味があってなんにでも合うパンを作りたい。

そのためには、副材料(小豆やバターやチーズetc.)ではなく、主材料(小麦粉・水・塩)にこだわりたい。
もちろん腕も必要だが、小麦粉・水・塩が新鮮で自然に近い状態のものを使うことが何よりも大事なのではないか、と思う。


なんてことを考えながら、改めてバゲットを作ってみる。
2割ほど、自家製小麦を混ぜた生地で。

e0257051_149486.jpg


いい表情のバゲットが焼けた。
少しクラストが厚めなのは、自家製小麦の影響か。
クラスト好きにはちょうどいい。

何よりも、クラムの甘みがいつもよりも強い気がする。
モルトも砂糖も入れていないのに。
自家製小麦のお陰かもしれない。


もう少し自家製小麦の割合を増やしてみたらどうだろう。
ちゃんと膨らむだろうか。
よし、またゴロゴロ製粉しよう。
[PR]
by ohisannohatake | 2012-08-10 14:14 | パンのこと